借入 限度額

カードローンの利用限度額は利用者本人の希望により決めることができます。私は当初、200万円が必要だったので限度額を250万円に設定しました。

 

しかし多く借りればそれだけ毎月の返済額も多くなります。もう二度と利用しないと思っている私は、ある程度の返済が済んだら段階的に限度額を下げるようにしています。カードローンというのは本当に便利なものです。自分の好きな時に好きなくらいのお金を引き出すことができます。しかしこの便利さが落とし穴です。

 

便利さになれてしまうと感覚がマヒしてしまいます。「今月2万円返済したのだから、1万円くらい借りてもいいだろう」ともっともらしい言い訳を自分にしてお金を借りてしまいます。そのカードから出てくるお金は自分のお金でないにも関わらず、自分のお金のような気がして自由に使ってしまいます。そんなことを少しでも防ぐため、自分に歯止めをかけるため、私は限度額を下げるようにしています。

 

そうすることで、自分の借金と常に向き合っています。やっぱり借金がある生活というのは豊かではありません。250万円の限度額だった私が、200万円、150万円、100万円と限度額を下げることによって、借金が減っている実感ともう借りないという決意を持つようにしています。

 

借りたら借りっぱなしでプランを見直さない人も多いのでしょうが、ぜひこういったことをきっかけに常に自分の借金と向き合いより豊かな生活を送れるよう努力してほしいと経験者は思います。