借入 金利

キャッシングをすること自体が悪いわけではないです。金融サービスとして提供されているわけですから、その点においてはまったく問題ないことであるといえます。では、何が問題になるのか、といいますとそれは利息です。

 

借金ですから利息の支払いに関することは注意しておいたほうがよいでしょう。少しでも減らすことができるように借り換えることも検討するべきであるといえます。言うまでもなく、これは金利がダイレクトに影響します。利息制限法としては最大で18%ですがそれで借りることもないです。

 

人によって違うことではありますが、やはり大きく金利を減らして貸してくれるところはしっかりとありますから、それを狙ってみることがお勧めできます。

 

キャッシングの金利は高い、というイメージがあります。それは確かにそうなのですが、昔よりは遥かに安くなっていますし、まして年利の話であり、そもそもそんなに長く借りることを想定している金融サービスでもありませんから、基本的にはすぐに返せば金額的に言えばかなり低い利息でお金を借りることができるようになります。18%であろうとも次の月に返せば利息は大したことはないのです。問題は長く借り続けることにあります。