借入 金利

キャッシングとは、少額の小口融資です。

 

重要なところとしては、信用が個人のみ、という点にあります。これは担保や保証人が必要ない、という特徴がある金融サービスであると言えます。

 

信用と言うのはつまりは個人の金融情報になります。つまりは、今現在いくら借りているのか、或いは今現在の収入はいくらなのか、という点が重要になるわけです。

 

働いているのであれば、それは問題ないことになります。但し、総量規制という新しい規制が出来てからは消費者金融としては年収の三分の一までの貸付が限度額になりました。

 

加えて、この規制によって主婦が大きなダメージを受けるようになりました。具体的にいいますと主婦自体に収入がないので貸さない、貸せないところが増えたわけです。

 

大手消費者金融は本人が収入源を持っていないと貸さない、という方向性に進んでいます。

 

では、主婦の人はキャッシングが利用できないのか、というとそうではないです。方法として、よいことがあります。

 

それが銀行のカードローンです。これならばキャッシングとほぼ同じではあるのですが、貸金業者の規制である、総量規制には該当しないようになります。

 

これがやり方として最もよいでしょう。