借入 金利

キャッシングを利用する時は消費者金融に申し込んですぐお金を借りるという人が多くいましたが、最近では安心感を重視してお金を借りたいという考えで銀行カードローンを利用する人が増えてきています。銀行カードローンは銀行のという安心感がある他利用するとメリットもいろいろあるようです。

 

銀行カードローンを利用するメリットは何と言っても金利の低さでしょう。銀行カードローンは上限金利の設定が14〜15%になっている銀行がほとんどで消費者金融の18%に比べると大幅に低く設定されています。そのため借り入れの時に加算される利息も大幅に少なくなるので返済にかかる負担を軽減出来るというメリットがあります。

 

銀行カードローンは利用限度額が大きいというのも特徴です。消費者金融は総量規制の対象になっているせいか利用限度額が300万円までとされていますが、銀行カードローンは総量規制の対象外のため利用限度額が500〜800万円に設定されています。そのため多額の借り入れを希望している人にとっても大きなメリットになります。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外なので配偶者の収入などを基準に審査をして可決されれば専業主婦が利用する事も可能です。そのため専業主婦にとってもメリットになりますが、利用限度額が抑えられるなど条件が付けられてしまう可能性もあります。