借入 金利

借り換えは利率だけを目安にしてはいけない

キャッシング金利負担

1円でも利息を抑えたい思いはキャッシング利用者なら誰でも持っていると思います。でも、だからと言って軽い気持ちで借り換えをしてはいけないのです。

 

大切なのは、債務者の生活状況の変化に借り換え先の担当者が柔軟に対応してくれるかについてです。誰でも確実な返済計画を立てることは不可能に等しいと言えます。会社の経営状況が芳しくなかったり、急な出費が増えてしまったりなどといった予測不可能な要素が人生には多いからです。

 

そんなときに、借り換え先が返済期間の変更などの対応をしてもらえなければ、一気に生活が困窮してしまいます。もしかすると、現在借り入れているキャッシング会社は債務者の事情を汲んで対応してくれるかもしれません。

 

利率が低いに越したことはありませんが、借り換えのタイミングを急いでしまったあまりに返済が困難になってしまうことも十分に検討するべきです。それでも借り換えのメリットがあると考えられれば、まさしく今が絶好のタイミングと言えます。

 

アイフル申し込みの流れ※家族にバレないキャッシング
http://www.bahsiclibraries.org/

キャッシングの限度額を把握すること

自分がどれだけ信用されているのか、というのは金融的にはキャッシングの額からわかります。限度額によって、自分の金融信用度が分かります。但し、それでもキャッシングは基本的に年収の三分の一、という総量規制があります。

 

これは貸金業が適用されるところのみではありますが、それでも十分に知っておく価値がある点になります。キャッシングとは無担保の少額融資になります。少額といってもあくまで目的ローンに比べて、と言うことであり、それでも人生を左右する程度の金額にはなります。

 

限度額を把握するのはよいですが、それが必ずしも自分の限界ではありませんから、注意したほうが良いでしょう。つまりは、貸してくれる金額が自分の分限、という認識はとてもまずいといえます。

 

あくまで重要であるのが、返済能力に見合っている金額を借りることが大事です。そうすれば安心して借りることができるようになります。限度額を把握する、といってもそれは借りることができる金額でもありますが、それよりも自分の返済能力に見合っているのか、ということを重要視するべきであるといえます。

 

キャッシングはいざと言うときに助かることは間違いないです。しかし、使いすぎるのは注意です。

期間と金額を調整して限度額を上げる方法

キャッシングで資金調達をするとなると、しばしば金額の大きさが重視されます。いわゆる限度額を高くしたいというニーズもある訳ですね。

 

そして、実はそれは大いに可能なのです。ただし金額や期間などに関する、色々な調整は必要になってきます。

 

まずコツなのですが、限度額の半分程度で融資を受けるよう心がけると良いでしょう。つまり限度額が30万ならば、15万程度で融資を受けるのが良いのですね。10万や25万などではありません。それと、完済をできるだけ早めに行うと良いです。返済期日を待つ事なく、とにかく早めに返すのが良い訳ですね。

 

そして、それを定期的に繰り返していきます。2週間くらいの間隔で、それを数ヶ月ほど繰り返してみると良いでしょう。

 

それを継続していくと、金融会社から信用されるようになります。そして会社から信用されるは、もちろん利用限度額なども高めになっていく訳です。それで上記の30万から、50万や60万などに引き上げてくれるケースがしばしばあります。

 

ただし、上記の金額と期間の2つが重要なのですね。ここでのポイントは、限度額の半分程度で借りている点です。それと2週間程度で繰り返しているのも、1つのポイントなのですね。限度額を引き上げてみたい時には、その2つのルールを厳守して何回か借り続けてみると良いでしょう。

更新履歴